今を生きる人々に忍び寄る影。うつ病には抗うつ剤

薬物療法をとる

神経伝達物質の量が影響する病気

うつ病の治療には主に薬物療法と精神療法が行われます。薬物療法で使用される抗うつ剤は三環系、非三環系、SSRI、SNRIがあります。 これらの薬がなぜ、うつ病に効果があるのかを説明するまえに、うつ病の原因を説明します。うつ病は、心が弱いからだと自分を責める方もいますが、決してそのようなことはありません。脳内物質の影響で起こる病気だと考えられています。脳内には神経伝達物質があります。これらの物質は神経細胞から出て、別の神経細胞にくっつくことを繰り返して情報を伝達していきます。しかしこの神経伝達物質が余ってしまうと、もとの神経細胞に戻ってしまいます。そうすることで神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの量が減ってしまいます。この二つの神経伝達物質の量が減ることが、うつ病の原因だと考えられています。

抗うつ剤の効果が出るのには時間が必要

このセロトニンとノルアドレナリンの量を増やすことで、うつ病の治療ができます。これらを増やすには、余った神経伝達物質が元の神経細胞に戻らないようにすることです。戻れなくなった神経伝達物質は神経細胞にそのままとどまりますので、量が増えることになるのです。 抗うつ剤のSSRIはセロトニンの再取り込みを阻害する働きがあり、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方の再取り込みを阻害する働きがあります。他の抗うつ剤である三環系、非三環系薬も同じように阻害する働きがあります。 以上のことからわかるように、抗うつ剤は神経伝達物質に作用しながら効果をだすものですので、飲んですぐに効果がでるものではありません。ゆっくりと確実に効果がでて行くものです。ですから焦らず、じっくりと構えて服用を続けていきましょう。 効果がないと言って自己判断で薬をやめるべきではありません。

抗うつ剤の価格の傾向について

抗うつ剤とは、うつ病・パニック障害・強迫性障害などの精神疾患に対して処方されている薬です。抗うつ剤には種類も数多くあり、服用する人によっての症状などで薬の種類や組み合わせを行います。その加須多く存在している抗うつ剤の価格の傾向ですが、種類によって違いはあるものの、比較的薬価が高いものが多いとされています。さらに、新薬になればなるほど高くなるとも言われます。その理由としては、新薬というのは現在ある薬由も効果や安全性が高いものが求められて研究開発されています。その結果開発された新薬に対しては、高い効果を発揮する代わりに薬価が高くなってしまうという事です。その半面、長期間販売されている薬に関しては、薬価が下がって安くなっていくというものもあります。

精神疾患などにおける薬の歴史について

うつ病やパニック障害などの精神疾患病の治療法として、抗うつ剤を使用する場合があります。この抗うつ剤がいつごろ誕生したのか、その歴史について書いていきます。現在では抗うつ剤には数多くの種類がありますが、初めて抗うつ剤が誕生したのは1950年代だとされています。この頃に憂鬱な気分で病的になっている患者に対して、「イミプラン」という成分の薬を投与したと言われています。投与された患者は回復したのを受け、その後「イミプラン」を抗うつ剤として販売しました。ただし効果を発揮する半面副作用なども多いものでした。その後、効果や安全性の高いものや副作用の少ないものを求めて様々な研究・開発が続けられ、数多くの抗うつ剤が誕生していきました。