今を生きる人々に忍び寄る影。うつ病には抗うつ剤

どういった薬か知る

抗うつ剤にもいろいろあります

うつ病の治療で使う抗うつ剤には、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAがあります。どの薬も脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンに対して作用します。 この二つの神経伝達物質の量が何らかの原因で減少することが、うつ病の原因だと言われています。これら二つが神経細胞内に取り込まれてしまうのを阻害する働きをするのが、抗うつ剤です。三環系、四環系はセロトニン、ノルアドレナリンの再取り込を阻害しますが、ほかの脳内物質にまで作用してしまいます。後から開発されたSSRIは選択的にセロトニンだけの再取り込を阻害します。SNRIは選択的にセロトニンとノルアドレナリンだけの再取り込を阻害します。そして一番新しい抗うつ剤NaSSAはこれまでのものとは全く違うタイプのもので副作用が出にくいと言われています。

副作用がでても、服用をやめないでください

これらの抗うつ剤を服用しはじめると、初期段階で大なり小なりの副作用があらわれます。 しかし、どんな薬にも副作用があるのと同じです。初期症状で吐き気や頭痛などを感じることがあると、患者本人は否定的に捉えがちです。治療をしても結局治らないと言って服用を中止してしまう可能性もあります。そんなときは、一緒に診察を受け現状を医師に説明してください。薬を変えることによって副作用がおさまったり、副作用を緩和する薬を処方してもらえるでしょう。 もし、薬が効きすぎたのかと思うぐらい、明るく元気になりすぎた場合も要注意です。もしかすると、うつ病ではなく双極性障害の可能性があります。本人は否定することもあるでしょうが、医師に客観的様子を伝えることも家族の役目だと思ってください。