今を生きる人々に忍び寄る影。うつ病には抗うつ剤

気分が落ち続けた時は

うつ病の症状と原因について

 うつ病とは、一般に精神的に落ち込んだ状態が続き、重症化した場合に病気として判断される。うつ病の症状としては、思考力、集中力、判断力、決断力、注意力などの低下がみられる。また、身体的にも様々な症状がみられる。不眠、睡眠不足または睡眠過多、食欲の増加または低下、それに伴う体重の著しい変化、ホルモンの異常分泌、頭痛、腰痛などである。  うつ病の種類は大きく分けて、原因が外因性によるもの、内因性によるもの、心因性によるものの3種類がある。外因性によるものは、脳疾患などの病気による脳へのダメージが原因となるものである。また、頭部へのケガが原因となる場合がある。内因性によるものは、遺伝が関係していると考えられているが、はっきりとした原因はわかっていない。心因性によるものは、精神的なストレスが大きく影響し発症する場合が多い。 

うつ病の治療薬である抗うつ剤

 うつ病の治療方法の一つとして薬物療法があるが、その時に治療薬として用いられるものに抗うつ剤がある。抗うつ剤は、脳内の状態を整える効果がある薬として知られ、服用してから1〜2週間で効果があらわれる。但し、そこで服用をやめてしまうと再発する恐れがあるため、自己判断はせず医師の指示に従うことが大切である。  抗うつ剤の種類としては、代表的なものに選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害(SNRI)、ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)の3種類がある。  抗うつ剤には、口が渇く、便秘や排尿障害、異常な眠気、胃腸障害などの副作用があるので、症状や重症度に合わせ、医師の指示に従い慎重に服用しなければならない。