現代の秘薬

抗うつ剤による治療の流れ

一般に抗うつ剤の効き方は、薬の吸収や代謝能力等により個人差がある。抗うつ剤は、薬の特徴と患者の症状を見て、主治医が選択します。抗うつ剤の種類と量が決まったら、抗うつ剤の効果と副作用のバランスを診ながら、治療を進めていきます。一般的に、第一選択薬には、SSRI、SNRI等が選択される事が多い。この服用の間、一過性の不安や不眠が出る事があり、抗不安薬や睡眠薬と併用される事もある。稀に副作用が先に現れ、薬の効果が表れるまで、2〜4週間かかる事がある。薬の効果判定は可能ならば、1〜2週間ごとに、一般的には4〜6週間後に薬の反応性を評価する。治療効果が不十分な場合、他の抗うつ薬への切り替えや、増強療法として気分安定薬や抗精神薬を併用する事もある。

再発を防ぐための注意点

うつ症状の安定した症状を維持させるためには、抗うつ剤の服用を継続する事が大切である。うつ症状がなくなった、あるいは軽減したからといって、主治医に相談なしに勝手な判断で抗うつ剤を減量したり、抗うつ剤を切ったりする事は非常に危険となる。うつ症状を3回以上再発した事がある場合は、再発のリスクが高いので、年単位にわたる薬物療法が必要なケースもある。抗うつ剤で効果が出て、安定し症状を維持するためには、抗うつ剤の服用を継続する必要が出てくる。自覚症状がなくなると、服用をやめたくなるが、「焦らず徐々に」が薬物療法の基本である。抗うつ剤は、正しく服用すれば、効果が高く安心して服用できるものが多いと言われている。

抗うつ剤の平均的な価格とはいくらくらいでしょう

抗うつ剤はうつ症状を緩和するお薬です。精神的ストレスによって頭痛や吐き気や肩こり、胸の動悸や睡眠障害などの身体的または精神に起こる得る症状を緩和し治療するための治療薬です。 抗うつ剤はSSRI、SNRI、睡眠薬などがあります。一部の抗うつ剤には離脱症状が出るものもありますので、医師の指示に従って服薬や減薬など注意が必要です。 うつ症状は眠れない、気分がすぐれないなどの気分障害などから、身体的な症状もひざ痛や腰痛など精神的なものとは関係ないと思ってしまう症状も現れます。 少しでもそう言った症状がある場合は内科か心療内科を受診すると良いでしょう。保険内診療で、軽いうつ症状ならば精神科でなくても抗うつ剤を処方してくれるはずです。

お薬の特徴について考えてみましょう

抗うつ剤とは重い精神症状だけに使われると思われがちですが、少しでも心身に不調を感じ休んでも取れない場合や、体力が落ちてすぐに風邪をひくなどの免疫力が落ちている場合など、精神面からの疲れや病気が疑われる場合に使われます。 症状にもよりますが、何かの原因で精神状態が不安定な場合に、少しでも気分を上げて気持ちを落ち着かせたりする効果があるようです。 最初は少ない量で処方されますので、医師側は二週間くらいの単位で様子を見ながら患者さんにその抗うつ剤が合っているかをみるようです。 脳内のセロトニンやドーパミンを増やして、気分を上向きに持ち上げて抑うつ状態や睡眠障害などの症状を改善して行く効果があるようです。 最近はあまり多くの抗うつ剤を使わずに治療して、カウンセリングなどと汲み合わせて行い、補助的に使う療法が増えている傾向にあるようです。

薬物療法をとる

一般的なうつ病の治療方法としては薬物療法が挙げられます。主に抗うつ剤等で、精神の安定を測るといった方法で、とくに抗うつ剤はうつ病に効果が期待出来る薬で広く認知されています。

しっかりルールを守る

うつ病の薬は抗うつ剤だけではありません。SSRIやSNRI等の多種多様な薬がありますが、その中でも抗うつ剤が有名なのはそれなりの効果があるという事が考えられるでしょう。